ストーカー被害とその対策-探偵と法の力を借りて-

ストーカー被害とその対策-探偵と法の力を借りて-

ストーカー心理の分類

2012年6月22日

一言でストーカーと言っても、どのような心理状態でストーキングを行うのかということは、いくつかの種類に分類することができるそうです。精神病によって抱く恋愛妄想、関係妄想によってストーキングする「精神病系ストーカー」。自分とは無関係のスターにつきまとうことが多いのだそう。「妄想系ストーカー」というのもあります。

麻布で担々麺をお探しなら。

妄想が人より強いという人が、妄想によりストーキングを行うのですが、精神は至って正常。自分とは無関係の相手につきまとうタイプが多いようです。人格の成熟が未熟で、相手を支配しようという気持ちからストーキングをする「ボーダーライン系(境界人格障害)ストーカー」もいます。このタイプの人間は、想像するより世の中に多く存在しているそうで、ストーカーになりやすいタイプなのだそうです。

「ナルシスト系ストーカー」は、自分に対する自信や自負心が強く、相手から拒絶されたことがきっかけとなりストーキングを始めることが多いそうです。「私のことを好きに決まっている」と思い込んでしまうのですね。

テニススクールを東京でお探しなら。

コメントはまだありません

Switch to our mobile site