ストーカー対策の書類

ストーカー被害は犯罪です。被害が継続するようであれば、なんらかの対策を練らなければいけません。一番正当な方法は、「法的措置」をとるということです。ストーカー行為に対する法的措置として代表的なの「書面」による措置です。

そのような法的措置は、弁護士や司法書士に依頼することができます。弁護士のほうが費用が高めになり、行政書士のほうが割りと庶民的な価格で作成してくれます。行政書士に依頼すると、費用がかかり、その費用は全額自己負担しなければいけないと思い込み、最初から相談しないで、自分の力だけでどうにか解決しようとされている方がいらっしゃるようですが、加害者と合意書などのサインができる、話し合いができるような状況なのであれば、加害者と被害者間で費用について話し合うことが可能となります。

裁判に置いても、「訴訟費用は敗訴の当事者の負担となる」と定められています。大切なのはいち早くこの苦しい状況から抜け出すということです。そのために使える手段は賢く利用しましょう。

Leave a comment