ストーカーの動機と関係

ストーキングを始める動機となるものは、やはり好意を抱いていたというところからスタートすることが多いようです。ストーカー行為と認知された事件全体でみると約6割が「好意」から始まっています。

その次に多いのは、好意が満たされないことから抱き始めた怨念の感情が動機となっているということです。それが約3割。それ以外の動機というのは非常に少ないようです。精神障害や職場でのトラブル、その他の怨念の感情、様々な精神的圧迫がストーカー行為へと発展させる動機となりえてしまうのです。被害者と加害者の関係としては、一番多いのは現在、または過去の交際相手、そして配偶者、これらが全体の6割を占めます。

横浜の葬儀ならここ

その他には知人や勤務先の同僚、ただの顔見知り、近所の住民、タレントとそのファン、まったく面識のない相手など、関係性にも様々があります。やはり「突然別れを告げられた」ことがきっかけとなったり、「交際しているから自分のものだ」と思いこむことによってストーキングがスタートするということが多いのだそうです。

 

 

Leave a comment